院長・スタッフブログ

2013年2月18日 月曜日

肉離れ 筋肉の痛み

大腿四頭筋・ハムストリングス・腓腹筋等の肉離れ、筋挫傷も
キャロット整骨院では治療いたします。


筋損傷(肉離れ)
程度によりⅠ度~Ⅲ度に分けられます。

Ⅰ度・・・筋線維の断裂はないが、筋の伸長により筋細胞がの
     破壊がみられる(筋が引き伸ばされた状態)
     筋力の低下、可動域の制限、違和感や疼痛などがある。

Ⅱ度・・・部分断裂損傷であり、一般に肉離れと言われるもの。
     完全には断裂していない。
     圧痛、腫脹、内出血がみられる。

Ⅲ度・・・完全に断裂しているもの。筋腹間に陥凹があり、強い圧痛があり、
     断裂端は縮み腫瘤を形成する。
     内出血がみられる。

初期治療はRICE処置をおこなう。

R・・・安静  I・・・冷却   C・・・圧迫   E・・・挙上

これらは急性期の処置として重要です。   



投稿者 キャロット整骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31