院長・スタッフブログ

2014年3月25日 火曜日

ストレッチ

ストレッチといってもいろんなストレッチ方法があります。
一般的なスタティックストレッチ(静的)、身体の動きを利用しながらの
ダイナミックストレッチ(動的)などがあります。

スタティックストレッチは反動や弾みをつけずに息をゆっくり吐きながら行う
ストレッチで10秒から30秒ほど行います。
特にクールダウン時のストレッチとして有効です。
逆にウォーミングアップ時にすとティックストレッチをやりすぎてしまうと
パフォーマンスの低下につながるので気を付けましょう。
運動後は筋肉を元の位置に戻す意味でもスタティックストレッチを
行うことをお勧めします。

練習や試合前のウォーミングアップ時のストレッチとしては
ダイナミックストレッチをお勧めいたします。
筋肉にこれから動かしますよと言ういみでダイナミックストレッチを
取り入れていくといいと思います。

ストレッチを使い分ける事でより怪我をしない身体作り、パフォーマンスの
向上などにつながります。





投稿者 キャロット整骨院

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31