院長・スタッフブログ

2015年11月19日 木曜日

熊本市・光の森・腸脛靭帯炎での痛み

腸脛靭帯炎(ランナーズニ―)は、ランナーに多くみられる、膝外側の痛みです。

腸脛靭帯は、大腿部(ふともも)の外側部にあり、膝蓋骨(膝のお皿)の下にまで
ある、靭帯です。

この黄色い部分です。

この腸脛靭帯が、大腿骨下端部の骨のでっぱりと摩擦を起こし炎症を起すのが
腸脛靭帯炎です。

フォームに癖があったり、足の着き方、シューズの摩耗、筋力不足、ストレッチ不足
筋疲労などなど。

痛みが出る前に、コンディショニングやリカバリー・ケアを行っていくことで
予防できることも多くあります。

痛みが出ていないときは、練習もバリバリできますが、痛みが出てしまうと
中々練習もできなくなることがあります。

日頃のコンディショニングを心掛けてください。


身体の痛み・コンディショニング・リカバリーでお悩みの際は
ご連絡ください。

ラジオ波温熱ハンドマッサージ

酸素カプセル




投稿者 キャロット整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30