スポーツ障害

2016年3月25日 金曜日

ハムストリングス肉離れ

先日、ハムストリングス肉離れをしたと
言ううことで、来院されました。

野球をしていて、盗塁した際に違和感を
生じたそうです。

次の日に来院され、触診、視診、動作チェック。

その日は、内出血は出てませんでしたが、
大腿部の腫脹、圧痛はありました。

次の日は、内出血は出てくるという事を伝えていました。

2日後に来院され、案の定でてきてました。

この写真は、5日後の写真です。


肉離れを起こしている場所は、上部の方ですが、下の方に
内出血はでてきます。

腫れを早く取り除きたいので、日中はサポータで圧迫を
して、キャロット整骨院では、ラジオ波で治療。


スポーツ傷害、肉離れ、シンスプリント、腰痛、肩の痛み
テニス肘、ゴルフ肘などのサポートもしています。



投稿者 キャロット整骨院