スポーツ障害

2016年4月11日 月曜日

FMS・SFMA(基本的動作パターン)

FMS・SFMAとは。

一般の方は、聞きなれない言葉ではないかと思います!

FMS(ファンクショナルムーブメントスクリーン)と
SFMA(セレクティブファンクショナルムーブメントアセスメント)
と言います。

FMSは、人間が持っている、基礎的動作パターンを
7種類の動作で、評価・採点するシステムです。

可動性、安定性、筋力低下、非対称性などを
見つけることで改善点、痛みの原因などを追究し、
パフォーマンスUPにつなげます。



FMAの中では、「トレーニングを行う前に動作パターンの
スクリーニングを行なうこと」とあります。

不良動作で、トレーニングを行なってしまうと、質が低下したり、
ケガのリスクを高めたりしてしまいます。

実際に、「トレーニングをしているけど、肩が痛くなった!」
「腰が痛くなった!」などで、相談を受けることがあります。

動作パターンに問題があったり、フォームが悪かったりなど
が、見受けられます。

可動性がなければ、可動性が出るように修正エクササイズ
(コレクティブエクササイズ)、安定性がなければ、
安定するようなエクササイズが必要になってきます。

上部の写真のような、動作をチェックし、機能改善・
パフォーマンスUPにつなげていきます。

なぜ、痛みが出るのか?
なぜ、パフォーマンスが向上しないのか?
なぜ、同じ所を痛めてしまうのか?

など、経験はありませんか?

不良動作で日常生活、スポーツを続けていると
いつか痛みが出てしまう可能性があります。

当院では、「コンディショニングコース」で
目的に合わせて、パフォーマンスUP、
機能改善、怪我しない身体を作る為の
サポートをしていきます。

コンディショニングコースは、完全予約制
で、行っていきます。

熊本市・FMS
熊本市・ファンクショナルトレーニング
熊本市・姿勢改善


キャロット整骨院
096-337-2520

facebook

投稿者 キャロット整骨院