スポーツ障害

2016年12月 6日 火曜日

熊本市・TACFIT Training

熊本市で、トレーニング&コンディショニングを行なう整骨院!

トレーニングは、どのような事をするのか?
コンディショニングは、何をするのか?

トレーニングといっても、解釈が個人個人違います。
コンディショニングも同様です!

まず、整骨院へ行くのは、どこかに痛みがったり、ケガをしてしまったことで
治療に来院されると思います。

私も、そのけがの治療をおこないます。

ここからは、例をギックリ腰として話していきます。

ギックリ腰。急性腰痛です。
物を抱えた際に痛めり、くしゃみで痛めたり、立ち上がろうとしていためたり。
痛みを出す引き金となる動作は、様々です。

そこで私が、一番に考えるのはなぜ?痛みが出たのかです!

物を持ったから?くしゃみ?立ち上がろうとしたから?

どうでしょう?



自分が考えるのは、先ず、どのような姿勢で物を持ったのか?
どのような動作をしていたか?などを考え、日常生活、お仕事など
どのような動作をしているのか、という事を確認しながら、動作は
どうなのかを評価し、根本的な原因を追究し、改善をしていきます。


日常生活で姿勢はどうなのか?
日頃、運動はしているのか?
運動はしているが、正しく動けているのか?
フィットネスクラブには、行っているけど、フォームは
正しいのか?
歩行は、正しく出来ているか?


当たり前になっている動作が、実は誤った動作だったり、関節可動域の制限があったり、
神経筋の機能が低下していたりすることで、痛みを出したり、怪我につながってしまいます。

そこまで意識されている人はかなり、少ないです。
なぜならば、痛みがないから気にしていないのです。
当然と言えば当然でしょう!

調子のいい時は、身体の事は気になりませんが、痛みが出たり、怪我をしてしまうと
「すぐになおりますか?」と、言われる方が多いです。

小さなことが、積み重なり積み重なり、結果的にケガに繋がります。

腰以外にも、肩、膝、首、背中、なども同様に考えられます。

「防げるケガは防ぐ!」

これが、トレーニングやエクササイズを行うことになります。

ただ、ジョギングをすればいいわけではありません。
ダメだと言っているわけではなく、正しいフォームでジョギングする。
足の運び方が悪ければ、怪我をしてしまいます。

常々言っているように、先ずは、正しい動作パターンを獲得することです。

トレーニングを行う前に、動作評価を行ない、正しく動かせるように、エクササイズ
トレーニングをおこなっていきます。

姿勢が悪かったり、動作パターンがただしくないのに、最初からダンベル担がせたりは
いたしません。

それこそ怪我になってしまいます。



目標は、個人個人違います。
明確な目標を掲げ、取り組んでいきましょう。

ご相談ください。









投稿者 キャロット整骨院