スポーツ障害

2017年8月16日 水曜日

本日より診療です。

セルフコンディショニングについて。

長距離での移動で、動きが悪くなってしまった身体を良くしていきましょう。
学生では、遠征での移動であったりすると思います。
長時間の同じ姿勢は、筋肉や関節が硬くなり、動きが悪くなり
パフォーマンスの低下につながります。

では、どうしたら回復するのか!
セルフコンディショニングです。

ストレッチ、身体を軽く動かすなどがあるかと思います。
関節の可動域や筋肉の柔軟性は、重要な部分です。
遠征先などでは、時間をかけて動きを取り戻していってほしいです。

日頃からコンディショニングを意識していると全然違いが出てきます。
寝る前などの20分30分はしていると、日頃かも怪我の予防につながります。

運動部だけではなく、一般の方にも言える事です。

可動性、柔軟性、しなやかさなどのエクササイズもご指導していきます。



投稿者 キャロット整骨院