院長・スタッフブログ

2018年4月30日 月曜日

成長期の腰の痛み

成長期の運動部に多い腰の痛み!

キャロット整骨院に来院してくる、12歳~15歳くらいの
学生で腰の痛みを訴えて来院される学生の中で、「分離症」と
診断を受けて来院される学生が多いです。

その中で共通しているのが、「股関節」「足関節」の関節の
可動域の低下、筋肉の柔軟性の低下のケースが多く
見受けられます。

使い過ぎであったり、動作不良などで骨に付着する筋肉が
成長期の骨を引っ張ってしまい、分離症などの成長痛と
言われる怪我をしていしまいます。

このような事が、どのスポーツでも起こる可能性がある
のではないかと思います。

実際、受診される小中学生も、野球、サッカー、剣道、
バドミントン、バスケットボール、バレーボール、陸上など
様々です。

実際の動きを診て、評価し見立てていきます。
場合によっては、整形外科を受診して頂く場合もあります。

まずは、「なぜ」痛みがあるのかを探し、改善方法を
考えていきます。

保険外でおこなうこともあります。

まずは、ご相談ください。





投稿者 キャロット整骨院

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ