院長・スタッフブログ

2018年5月14日 月曜日

学び続ける

先日、熊本初開催となる「カッピングセミナー」を
キャロット整骨院で開催しました。

講師に中本真也氏をお招きしました。
経歴:筑波大学大学院を卒業後、カナダの大学に
進まれ、カナダ公認フィジオセラピスト(理学療法士)の
ライセンスを取得後、スポーツクリニックに勤務、
その後、メジャーリーグやプロアイスホッケーチームなどで
インターンとして実習をうけたり、日本代表女子野球の
アスレティックトレーナーとしてご活躍され、
昨年帰国されました。
現在、国立スポーツ科学センター(JISS)に所属され、日本のトップアスリートの
コンディショニング等に従事されています。


『新たな形のコンディショニング』ということで、シリコンカップを
使用した、身体に対するアプローチ方法をエビデンス・経験に
基づいておこなって頂きました。

筋・筋膜リリース、トリガーポイントを考えてテストをおこない
カッピングをし、再びテストし改善を観察、患者様に対する
その後の治療の進め方に至るまで、ご指導いただきました。

当たり前の事ではありますが、この流れが出来ていないケースがまだまだ
多いと思っています。

とにかく根本的に改善する為には、患者様と一緒に治療に取り組むことが
重要だと感じました。


「膝が痛いけど一回で治せる?」「ギックリ腰は?」「肉離れは?」
と、一度の治療で完治を尋ねられることも少なくありません。

一度の施術で完治をさせるのは難しいです。
痛みを引き起こしたということは、身体の使い方について
そこに至る理由がありますし、それに要してしまった長い時間があります。

私もできる限り痛みを取ることができるよう治療しますが、
一度で完治をさせることはできません。
痛みの原因を探り、その原因解決が完治への道だと思っています。

原因解決の方法のひとつとしてトレーニングも導入しました。



今回のセミナーで、日本と海外での考え方の違いを痛感しました。

シリコンカップは、カナダのクリニックでは5,6年ほど前から
使われているとのこと。
ガラスのカップとは違い、シリコンカップが安全性も高いため
多く使用され、患者様自身でもご自宅で毎日実践し、定期的な来院で
根本改善を図っているそうです!

そのため、毎日通ったり、同じ痛みでまた来院することも
減っているようです。
その為、経済的でもあるのかなと思います。


講師の中本氏、ご参加して頂いた皆様におかれましては
大変お世話になりました。

厚く御礼申し上げます。


知っていないと損することも沢山あります。
いいセラピストや指導者を選んでお身体のご相談を
してください。






投稿者 キャロット整骨院

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ