コンディショニング

2018年6月28日 木曜日

剣道中体連・菊池郡市大会

トレーニングのサポートをさせて頂いている中学校の男子剣道部が
中体連において団体優勝を果たしました!

そして、三年生個人では1位、2位、3位を独占。
二年生個人も、1位を獲得。

素晴らしい成績を残しました!

彼らがとトレーニングを始めて約3年が経ちますが、
仲がよくチームワークがしっかりしているな
感じます。

私は剣道経験はなく、トレーニング指導をするにあたっては
手探りでいろんなことを試しながら子供達を見てきました。
私が言うだけではなかなか届かないし、
どうしたらこの子たちは動いてくれるのか、が課題でした。
「これのトレーニングはこうだよ。」「こうだからこうしよう。」といった
指導側の考えを伝えるだけでは、やってはくれるけどすぐに遊びたがるという事が
非常に多く、どうしたら意欲的にトレーニングに向かってくれるのか
日々考えました。

考察や実践を重ね、型にはめない。ゲーム感覚でいろんな動きをさせる。
という方法にたどり着きました。
例えば、「ボールを投げる」「馬飛び」「チームでのリレー方式」
「自分たちでルールを決め勝敗を決める」などなど、とにかく
楽しく自由にさせる。
但し、最低限の動きの確認や身体の使い方の指示はおこない、
そこに子供達の発想や意見を取り入れました。

見ている方は何してんだろうと思われるかもしれません。

子供なので、大人のように「こうしてください。」は
通用しなかったです(笑)
これは、あくまでも私の勝手な気持ちです。


発育発達時期に決まったことだけをするのではなく、
カラダを様々に動かしたりすることが重要なではないかと
自分は考えています。

その結果、個人のケガの予防につながり、
チーム全体も良い状態で戦えるのでないかと思います。


トレーニングにもいろんな方法があります。

トレーニングと聞くと、筋肉をガンガン鍛えるイメージが
強いのではないかと思います。

実際に、筋肉はつける必要ないですから、と言われた競技も
ありました。

このような場合は、トレーニングを通して作られる
コミュニケーションの重要性が見えてきます。

中学生の剣道部という事もあり、SAQトレーニングを中心に
基礎作りを意識して取り組んできました。

その結果かどうかわかりませんが、「体幹がしっかりしてる。」と
周りの指導者の方々から言われていたそうです。

いろんな動きをすることで、自然に強化されていったのではないかと
考えられます。

自分の好みですが、ゲームの様な運動を好んでさせています。
とにかくこの年代は、楽しく飽きさせない事を考えています。

日々勉強です。

彼らと出会えて本当に幸せです。

ありがとう。

 

中体連・菊池郡市剣道大会◆週一回トレーニングのサポートをさせて頂いてる中学校が、男子団体優勝!そして、3年男子個人戦1位、2位、3位独占。2年男子も優勝を獲得しました。素晴らしい成績でした。このような子供達に出会えて光栄に思います。彼らの能力の高さとチームワークは素晴らしい。なによりも勢いが半端ない!県内でも、剣道が盛んな地域でこの結果は凄い。この3年間、どんなトレーニングを経験させるのがいいのかを毎回考えながらやってきました。言うだけではなかなかしてくれないし、まぁー、難しかったです!最終的にたどり着いたのが、ある程度自由にさせる事が、彼らには必要だなと思いました!稽古でかなり鍛えられているので、ここではあんまりいろいろ言っても仕方がないなと言う所にたどり着きました(^^)型にはめない事も重要だと彼らから学びました。この3年間沢山学ばせてもらいました。ありがとう。この後も、県大会、全国大会とあります。皆さんの応援よろしくお願いします。 #熊本中体連#熊本剣道#saq#コオーディネーション#チームワーク#遊びの中でトレーニング#菊陽町#キャロット整骨院#進化

Kensuke Matsumotoさん(@kensuke.tacfit)がシェアした投稿 -



投稿者 キャロット整骨院