スポーツ障害

2018年9月27日 木曜日

痛みに対するアプローチ 其の3

膝の痛みの原因の一つに、大腿筋膜張筋の緊張が強くなり
膝の痛みを起こす場合があります。

股関節の、外転・屈曲・内旋に働く、大腿筋膜張筋は
歩行時、ランニング時によく使われ重要な筋肉です。

大腿筋膜張筋は、腸脛靭帯とつながり、緊張が強くなると
関節の捻じれをおこしてしまいます。

捻じれが起きた状態で、部活やスポーツ、日常生活を送っていると
股関節・膝関節・足関節等に影響が出て、最終的に痛みを出してしまいます。

そこで、ラジオ波温熱スポーツコンディショニングでは、
筋・筋膜リリースをおこない痛みや動作の改善をおこなっていきます。




身体の状態を整えることを常に心がけるけことが、予防につながり
パフォーマンス向上にもつながります。

腰が痛い・膝が痛い・足が痛い、実は、股関節周りの筋肉の
影響がでています。

痛みがあるところを「マッサージ」するだけでは、一時的に
痛みは取れても、すぐに痛みはでてきます。



しっかり評価をし、問題解決をしていかなければ、同じことになります。

競技復帰までのリハビリ、その後のトレーニング・予防なでサポート
していきます。




熊本市・パーソナルトレーニング・ケトルベル・リハビリテーション
スポーツ傷害・捻挫・肉離れ・むち打ち・腸脛靭帯炎・
スポーツジム整骨院・アスリート専門・パフォーマンスアップ



投稿者 キャロット整骨院