スポーツ障害

2018年9月29日 土曜日

菊陽・光の森・オスグッド病・怪我予防

オスグッド・シュラッター病は、膝下の脛骨粗面という
部位の痛みです。

10歳前後に多い痛みの一つです。

小学生や中学生の発達時期にスポーツをしている学生が
来院してきます。

痛みの原因が、そこにあれがスポーツを休ませ、治療を
おこなっていくことで改善してきますが、身体の使い方
原因がある場合は、中々痛みも軽減しにくいと、感じています。

マッサージや物理療法だけで、
一時的に痛みは改善しても
身体の使い方・姿勢が
改善できていないと再発します。


私が見てきた中で、柔軟性不足や足関節の硬さがみられる学生が
多くいました。

痛い=マッサージでは、再発の可能性があります。

なぜ痛みがそこに出るのかを

       評価することが重要です。


改善・再発予防の為に、していくことを説明しても、一時的に
痛みが改善すると、すぐに始めたり、痛みがある状態でプレーしたり
が多く、なかなか話を聞いてもらえないケースが多々ありました!

私の力不足やコミュニケーション不足かなと思います!

中には、今しないと「試合に出れない」や「休めません」など
言われる親御さんもいらっしゃいました!

そもそも、身体の使い方・姿勢に問題があれば、改善し
良い動きを身に付けていかなければ、パフォーマンスは
向上しにくいと考えています。

勝ち負けだけではなく、子ども達の輝かしい未来のために、
怪我予防・身体のコンディショニングを、指導することを
していく必要があるのではないでしょうか。


菊陽町・スポーツ傷害・オスグット・捻挫・肉離れ
光の森・姿勢・姿勢チェック・スクワット


投稿者 キャロット整骨院