院長・スタッフブログ

2018年10月 5日 金曜日

熊本・光の森・スポーツトレーナー・パーソナルトレーナー

「スポーツトレーナー」と聞くと、どんなイメージがありますか?

ウエイトトレーニングで鍛える?


グループトレーニングを指導する?


怪我をした際、治療をおこなう?


コンディショニング・怪我予防の為の指導?


ひとことで「スポーツトレーナー」や「トレーナー」と
いっても、各分野に分かれています。

このような情報は、一般的にはなかなか浸透していないのかも
しれないと思っています。

いくつかあげると
「ストレングス&コンディショニングトレーナー」
「アスレティックトレーナー」
「パフォーマンストレーナー」
「ニュートリション(栄養)」
「メディカル」などがあります。

日本のほとんどのトップチームや実業団、大学などでは、このように
分かれて選手をサポートする体制が整っています!

もちろん、全てのチームとはいきませんが。。。。

もっと下のカテゴリーになると、中々トップの様な体制は
整っていないのが現状だと思います。

自分は、柔道整復師として整骨院を構え、
アスレティックトレーナーとして
高校生のトレーニング・施術・コンディショニングの指導を
させて頂いています。

子供達のパフォーマンスアップだけではなく、
けが人をゼロにすることも自分の目的でもあります。

現状としてはその実現はなかなか難しい面もあり、
痛みがある状態で練習をしている学生もいます。

自分が見れるのは、都合上週1回なので、そこでいかに
状態を観察し、実践に移していくかを大切にしています。
メニューを決め、けが人は別メニューに
変更するなどして、試行錯誤しながら進めています。

ちょっと話がそれましたが、「トレーナー」とは、
分野が分かれていて、その道の専門や、私のようにセラピストでトレーニング
を指導する方々もいます。

理学療法士や鍼灸師、柔道整復師、アスレティックトレーナー、ドクター
栄養士等の方々大きくかかわっています。

現在では、アメリカや海外へ留学していた方々、帰国し日本の
スポーツ界に大きく貢献されています。

いろんな場所でセミナーも開催されていて、沢山の情報を
得ることができます。

トレーニング理論やコンディショニング・セラピストの
分野でも、研究され新しい情報が沢山あり、日々勉強して
行かなければ、アスリートや一般の方々への対応が
送れてしまいます。

皆様方へのサポート体制を充実させる為、新たな取り組みへも
チャレンジして行きたいと考えています。

セラピストとして、トレーニング指導者として
一人ひとりが良い状態で動ける身体作りの
サポートをしていきます。

 




投稿者 キャロット整骨院

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ