コンディショニング

2018年10月 9日 火曜日

菊陽・整骨院・テニス肘・ゴルフ肘



テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は、テニスをしている方に
多いケガの一つです。

症状:雑巾をしぼる・ペットボトルのふたを開ける・
   荷物を持つなどで、特に痛みがでます。
   テニスでは、バックで打つ際に痛みを伴います。

高校生で、肘の外側の痛み。
テニスをしていて、バックで打つ際に痛みがでる。
肘の外側の圧痛・前腕回外動作時の痛みあり。

治療内容
初回ラジオ波温熱で筋・筋膜リリース

2回目以降は、ラジオ波温熱とカッピングを併用し
おこなう事にしました。

練習を続けると、治りが遅くなる為、治療に専念
指定もらうように指示をだした。

週に2~3回の治療を2週間

痛みは軽減し、抵抗時の痛みも改善

プレーする際は、キネシオテーピングを貼り
おこなっている。

コンディショニングを継続しておこなうように
している。

学生は、練習量も多く、なかなか休んで身体の事に
気を使わない学生が多いため、しっかり指示をだし、
重要性を伝えていかなければならなと思う。

怪我の予防にもつながるし、パフォーマンスアップにも
つながる。

痛みや身体の違和感がある際は、身体の事を考える事が
重要です。
お困りの際は、ご連絡ください。





投稿者 キャロット整骨院