院長・スタッフブログ

2018年10月23日 火曜日

痛みに対するアプローチ 其の四

上腕骨外側上顆炎・テニス肘(tennis elbow)

肘の外側に痛みが出ます。

【症状】
①雑巾を絞る
②ペットボトルのキャップをあける
③手の甲を上にして、物を持つ
④フライパンを持つ


などで痛みが出るのが特徴的です。


テニスをする方に多く、特にバックハンドで
ストロークするときに負傷するため、
テニス肘と言われています。


筋肉の線維が部分的に損傷することで、
その筋肉に対して負担がかかると
違和感や痛みが肘の外側にでます。

【アプローチ】
カッピングでの筋膜リリース
②ラジオ波温熱
③超音波
④ハンドでの筋膜リリース
⑤キネシオテーピング







痛みがある状態で、お仕事やテニスを続けていると
治りが遅くなります。

ある一定期間は、治療をおこない、復帰までの
リハビリ・エクササイズを確実におこなう事を
おすすしています。

しっかり治療ができていないと、痛みがある状態で
生活を送ったり、スポーツをすることになります。

スポーツでの怪我は、防げることが多い為、いかに
コンディショニングを整えていくのかを一緒に考えて
みませんか?

痛みに対するアプローチ① 
痛みに対するアプローチ②  ⇦ クリック
痛みに対するアプローチ③



  



熊本パーソナルコンディショニングコーチ


投稿者 キャロット整骨院

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ