院長・スタッフブログ

2019年6月 7日 金曜日

ジュニアスポーツ外傷

こんにちは。

中学生・高校生等の成長時期の子供達が痛みを抱えて
運動や何かしらの競技を続けていませんか!?

痛みを訴えているけど、「成長痛だから」や「我慢してプレーしたり」など
適切な治療や身体のケアを、していないケースが見受けられます。

非常に危険な行為だと、考えています。

何故かと言うと、「成長時期という事」「スポーツができなくなる
恐れがあるという事」「スポーツが嫌いになること」などが、考えられる
のではないでしょうか!

当院でも、これまで多くの学生を見てきました。
大事な大会の前にケガをしてしまう学生、痛みがある状態でプレーを
続けている学生など、みてきました。

何とか、そのような学生を減らし、ケガのない身体作りができないだろうかと
日々考えています。

ケガする多くの学生は、関節の可動域や柔軟性が低下、身体のケア不足が
多く見受けられました。

個人差はあります。

そういったことにより、姿勢が悪かったり、不良動作につながりケガに
つながっているような気がします。

私自身、学生時代は野球をしていました。

ケガもしていました。

肩が痛くなったり、大腿部の肉離れ、足関節の捻挫、シンスプリントなど
ケガしていました。

当時は、どのような治療をしたり、コンディショニングをしたり、どこで
治療してもらえるか分かりませんでした。

現在は、沢山いろんな場所があり、専門家も増えています。

当院も、その一つです!

私は、子ども達をケガから守る為に、取り組んでいます。

コンディショニングの方法、身体の操作法、万が一怪我した際の対処法など
伝えています。

今必要な事を最適におこなう事が怪我予防につながるのでないかと
考えています。

一人ひとりカラダは違います。

子供達の事でお悩みの際は、ご相談ください。


成長痛だからと、安易な考えではなく、お早目に専門家にご相談してみてください。



2019/3  小学生対象コンディショニングワークショップ






投稿者 キャロット整骨院

カレンダー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ