健康増進

2019年11月18日 月曜日

成長期のスポーツ障害!!!

こんにちは。

成長期のスポーツ障害といえば、「ひざの痛み」「かかとの痛み」「腰の痛み」などがあります。

身体に過度な負荷が繰り返し加わることで多く発生します。

「成長痛」という言葉は、スポーツをしているお子様がいらっしゃる方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか!?

10歳から12,3歳の時期に起こることが多いです!

成長痛だからと言って、適切は処置をしないままスポーツをしていると、取り返しのつかないことになるケースもあります。

ひざの痛みであれば、オスグッド病
かかとの痛みは、シーバー病
肘だと、野球肘
腰だと腰椎分離症
など



最低でも、親御さんのこの4つだけも頭に入れといてほしいものです!

「痛みがあるな」「なんかいつもと違うな」「走ると痛いな」「朝起きるとこしがいたいな」など

少しでも、いつもと違う感じがあれば、受診をしてください。

試合に出れなくなるから、我慢して練習に参加したりしても、いい結果は望めません!

当院では、未来ある子供たちのコンディショニングサポートをおこなっています!

日頃のカラダのケア、怪我予防対策、なぜ怪我をしてしまったのか、などサポートしています。

特に、痛みが出ている原因を探し、ケガのリスクを最小限に抑える対策をとっていきます。

Instagram
YouTube





投稿者 キャロット整骨院