健康増進

2020年6月10日 水曜日

学生の腰痛!

体を動かす運動部やダンス等をしている学生以外にも

吹奏楽部など腰痛で悩んでいる学生は意外といたりします。

成長時期には「腰椎分離症」を引き起こすケースもあります。

当院でもこれまで、沢山の腰椎分離症と言われた学生を診てきました。

小学生高学年から高校生まで発症しうる怪我の一つです。

このようなスポーツ障害を未然に防ぎ、子ども達が好きなことを

継続していくためにも、カラダのケアやリフレッシュ、休養などが

重要になってきます。

万が一、腰の痛みを訴えた際は、そのままにせず、

一度診察をオススメします。

適切に対応していかなければ、取り返しのつかないことにも

なりかねません。


当院では、分離症に対する治療およびリハビリ(運動療法)もおこないます。

鑑別・評価により、どのような治療が必要なのかを確かめ施術します。

また、医師の診察が必要だと思われる際には、

整形外科をご紹介しています。


当院で行う施術は、マッサージ、物理療法、運動療法です。

鑑別評価したうえで、処方していきます。

ただ、マッサージしたからといって治るわけではありませんし、

物理療法も、電気を流せばいいというわけでもありません。

施術のための正しい鑑別評価が重要だと考えます。


先日受講した物理療法に関するセミナーでも、

「疾患に対して正しく使うことが早期回復につながり、

そのためには、正しい鑑別と評価が必要」ということを再認識しました。

これまで治療を受けられた経験から、

電気治療(物理療法)は治らないと思われている方は、

もしかしたら効果的な施術ではなかったのかもしれません。

プロの選手やトップアスリートも物理療法を受け

短期間で復帰している事例も沢山あります。

学生の方以外でも、今一度、鑑別・評価を受け、

その痛みに今必要な治療法を探してみられてはいかかでしょうか。

マッサージは気持ちいですが、マッサージだけではなかなか治らないことも

あるかもしれません。


当院は、正しい鑑別評価と 丁寧な施術を心掛けています。

腰痛や体の不調でお悩みの方は、どうぞご相談ください。

YouTube


Instagram

LINE

Twitter

投稿者 キャロット整骨院