院長・スタッフブログ

2018年10月19日 金曜日

熊本・腰痛予防・姿勢改善・福利厚生

先日、「NPO法人 えるぴあ」様の、スタッフに対する
腰痛予防をテーマにした、研修会をさせて頂きました。

この会社は、こども発育支援施設をおかなっている
会社です。
こどもさんを抱えることが多く、腰への負担、慢性的な
腰痛を患わっている方々ばかりでした!

柔道整復師・トレーニング指導者という立場から
身体の使い方を中心にご指導させて頂きました。

スクワット・デッドリフトといった、動きを
正しくおこなえるか?柔軟性はあるか?を
お互いにチェックしてもらい、最初と最後で
変化しているかを診てもらいました。

日頃の動きをや抱え方を少し拝見したところ
やはり、腰にストレスのかかる動きをしていました。

しゃがむ動作(スクワット)や抱える動作(デッドリフト)
での、股関節の使い方・姿勢を意識してもらいました。

分かってはいるけど、ついつい中腰で抱えたり、座る姿勢が
悪くなっていることが多かったそうです。

仕事を快適におこなう為にも、健康で、効率よく動けることが
仕事の効率もあがります。

会社で、スタッフの方々のために、こうした取り組みを
することで、スタッフのモチベーションの向上や健康増進に
つながるのではないと思います。

私の仕事も、スポーツをしているチームだけではなく
会社スタッフの方々の仕事の効率化、健康増進の
為に、貢献出来て非常にうれしく思います。

近年は、ケガする前の予防が重要です。
運動不足、ストレス、長時間の同じ姿勢での仕事
偏った栄養等が増えています。

その為、高血圧、肥満、糖尿病、腰痛、肩こり等で
病院を受診される方が増えています。

もっともっと、カラダを動かす方が増え、医療保険を
使う回数が減るのではないかと思います。

正しく動かすことやケアが大事になってきます。

専門家に相談しながら、カラダを動かしていくと
怪我しにくいカラダや太りにくいカラダになるのでは
ないでしょうか!

ちょっと話はそれましたが、また機会があれば
いろんなところに、呼んでもらいたいですね!


 

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年10月12日 金曜日

治療とトレーニングの融合!

受傷(怪我)⇒治療(セラピー)⇒リハビリテーション
⇒トレーニング・エクササイズ⇒復帰⇒コンディショニング


私は柔道整復師(整骨院)であるため、「治療をする人」
「マッサージをする人」のイメージがあるかと思いますが、
トレーナーとしても、一般の方、スポーツをしている方、
学生の運動指導にも携わらせていただいています。

もちろん、整骨院として構えていらっしゃる方は
治療専門で活躍されている方も多いです。

私(当院)は、トレーナーとして活動している為、
治療・リハビリテーションやトレーニングの分野にも
携わっています。
競技復帰に向けての選手の機能向上、パフォーマンス向上を目指す
選手・一般の方々の機能向上の為に、また出来るだけ早く復帰が近づくよう
治療やトレーニングが効率的に進められる様サポートさせて頂いています。



受傷した方へのアプローチとして、患部の痛みを
とるだけのアプローチだけではなく、その受傷の
原因となるところへのアプローチが必要になります。

「なぜ」受傷してしまうのか?を探し、根本的に
改善をしていかなければ、再び受傷してしまいます。

その為、当院では、保険外診療(自費)で、保険制度の
細かい制限にはとらわれずに受けていただけるようにしています。

当院は、整骨院内でトレーニングができるスペースを
併設しています。
また、外部での指導もおこなっています。

怪我だけではなく、健康増進・怪我予防等の
指導もおこないます。


  


熊本・光の森・菊陽町・パーソナルトレーニング
熊本・光の森・菊陽町・トレーナー
熊本・光の森・菊陽町・トレーニングジム
熊本・光の森・菊陽町・トレーニングスタジオ
熊本・光の森・菊陽町・スポーツトレーナー
熊本・光の森・菊陽町・スポーツ傷害・靭帯損傷
熊本・光に森・菊陽町・捻挫・肉離れ・腸脛靭帯炎
熊本・光の森・菊陽町・ガソクエン・膝痛
熊本・光の森・菊陽町・ランナーズニー・シンスプリント
熊本・光の森・菊陽町・股関節の痛み・猫背・姿勢改善
熊本・光の森・菊陽町・スマホシンドローム・運動不足
熊本・光の森・菊陽町・メタボリックトレーニング

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年10月11日 木曜日

熊本・バランスボール・体幹トレーニング・パーソナル

バランスボールを使った、エクササイズメニューは
無数にあります!

バランスボールというと、多くの方がボールに座って
バランスをとる事をイメージされる方が多いです。

それも一つですね。

しかし本来の目的は、違います。

バランスボールの歴史は、1960年代にスイスの理学療法士達が
神経系に障害がある子供たちのリハビリテーションをおこなう
為に開発されたそうです。

そして、1970年代にアメリカの理学療法士達がスイスへ行き
学び、持ち帰って脳性麻痺児の現場で使われるようになり、
スイスからの由来で「スイスボール」といわれています。



その後、アスリートのリハビリやトレーニングに
使うようになり、リハビリ効果が高いことから
現在でも、アスリートのリハビリやエクササイズ等に
幅広く使われています。

バランスボールの特徴として、4つ挙げられます。
①転がる
②不安定である
③弾力性がある
④加重性に優れている

(Gボール協会より)

ボールの特性を理解し、使うことでより健康的で
運動不足解消やコア(体幹)トレーニング、ストレッチ
姿勢改善などをおこなうツールとして、最高のツールになります。



特徴の4つを上手く利用し、エクササイズ・トレーニングを
していくと、パフォーマンスの向上にもつながります。

注意:安全にできる環境でおこないましょう。

 

熊本・光の森・姿勢改善トレーニング
熊本・光の森・スポーツ外傷・捻挫・靭帯損傷
熊本・光の森・パーソナルトレーナー・パーソナルトレーニング
熊本・光の森・パーソナルコンディショニング・
熊本・光の森・カッピング・ラジオ波温熱コンディショニング
熊本・光の森・スポーツマッサージ・スポーツコンディショニング
熊本・光の森・ランニング障害・ランナー膝・ランナーズニー
熊本・光の森・腸脛靭帯炎・ガソクエン・鵞足炎・シンスプリント
熊本・光の森・シンスプリント・すね痛み・治療方法

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年10月 9日 火曜日

菊陽・整骨院・テニス肘・ゴルフ肘



テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は、テニスをしている方に
多いケガの一つです。

症状:雑巾をしぼる・ペットボトルのふたを開ける・
   荷物を持つなどで、特に痛みがでます。
   テニスでは、バックで打つ際に痛みを伴います。

高校生で、肘の外側の痛み。
テニスをしていて、バックで打つ際に痛みがでる。
肘の外側の圧痛・前腕回外動作時の痛みあり。

治療内容
初回ラジオ波温熱で筋・筋膜リリース

2回目以降は、ラジオ波温熱とカッピングを併用し
おこなう事にしました。

練習を続けると、治りが遅くなる為、治療に専念
指定もらうように指示をだした。

週に2~3回の治療を2週間

痛みは軽減し、抵抗時の痛みも改善

プレーする際は、キネシオテーピングを貼り
おこなっている。

コンディショニングを継続しておこなうように
している。

学生は、練習量も多く、なかなか休んで身体の事に
気を使わない学生が多いため、しっかり指示をだし、
重要性を伝えていかなければならなと思う。

怪我の予防にもつながるし、パフォーマンスアップにも
つながる。

痛みや身体の違和感がある際は、身体の事を考える事が
重要です。
お困りの際は、ご連絡ください。



投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年10月 6日 土曜日

熊本・トレーナー・捻挫・肉離れ・パーソナルトレーニング




捻挫・肉離れやスポーツ外傷といわれるものでの怪我の治療から復帰までのリハビリ
復帰後のトレーニングを専門的におこなっています。

スポーツをしている学生だけではなく、一般の方々も同じです。


受傷  アスレティックリハビリテーション パーフォーマンス向上


怪我にも原因があり、患者様の動きに何が起きているのかを考え
動作に対してアプローチをする必要があります。

健康保険での治療だけでは、根本的な改善をすることが難しいのが
現状です。

通院も2回3回で終わりではなく、継続することが更なる
パフォーマンスアップにつながるのではないでしょうか!

学生は特に、試合が先で、中途半端のまま練習に戻り
思うようなパフォーマンスができない場合が多々あります。

怪我にもしっかり向き合い、機能改善に取り組むことで
より良いパフォーマンスアップにつながると考えています。

熊本・パーソナルトレーニング
熊本・カッピングコンディショニング
熊本・ラジオ波温熱コンディショニング

熊本・高校生コンディショニング塾

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ