コンディショニング

2018年8月10日 金曜日

熊本・体幹トレーニング・コアトレーニング

中・高生の6割ほどは、腰痛を訴えて来院してきます!

高校生の腰痛では、中学生の頃から痛みがあった訴える
子供も中にはいます。

腰痛を訴え来院する学生に共通してるのが、
「ハムストリングス(大腿部後面)の柔軟性不足」
「くらはぎの柔軟性不足」「カラダの使い方の問題」
「カラダのケア不足」「自己流のトレーニング」等が
あげられます。

今回は、「自己流のトレーニング」について少し
お話していきます。

現在、学生のトレーニングは大きな各競技において
大きなテーマの一つに挙げられています。

ストレングストレーナーの方が指導しておこなっている
ところは、問題ないと思いますが、学生たちが自分たちで
見様見真似でおこなっている、トレーニングは非常に
危険で、ケガにつながる事もおおいです。

実際、通ってくる学生の中には、ウエイトトレーニングや
体幹トレーニングは「自分たちでやっています。」
と、言っているところもあります。

体幹トレーニングどんな種目しているのかを尋ねると
雑誌などに出ている種目をしているようです。

そこで私が、気になったのが、フォームと筋肉に対する
刺激の入り方です。

フォームは、正しくできていなく、腰に負担がかかるような
フォームをしています。

刺激の入り方も、違っています。

より効果的な方法を指導すると、今までと違い
刺激の入り方が違うといって言っていました。

腰痛を予防するために体幹トレーニングを取り入れるのは
非常に良い事だと考えていますが、誤ったやり方では
効率も悪く、効果を得ることはできません。

体幹トレーニングの方法は沢山あります。
良い悪いではなく、正しく意識してできるかが
重要です。

これは、学生に限ったことではなく、一般の方も同じです。

高校生のための「コンディショニング塾」を開催しています。

ケガしない身体作りを目的としています。

一人でも多くの学生が、いい状態でプレーできるように
サポートしていきます。





コンディショニング塾
お申込みは、キャロット整骨院まで。
096-337-2520



投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年8月 4日 土曜日

熊本・怪我予防・コンディショニング

【高校生コンディショニング塾】

キャロット整骨院では、高校生運動部が怪我をしない、
怪我のリスク減少を目的とした、コンディショニング塾を
開講しています。

これまで、多くの学生が来院しました。
腰痛(分離症等)、膝痛(靭帯損傷)、肩痛(野球肩)、
肉離れ(大腿部等)、足関節捻挫等々。

「明日が大会なのでなんとなりますか?」
「ずっと痛くて治りません」「痛みがひどくなりました」
などと訴えてくる学生も非常に多いです!

学生に多いのが、練習はするけど、身体のメンテナンスは
全然しないという現状です。

私自身も、学生時代は野球をしていて、肉離れや手術を
するケガもしました。
好きな野球が満足にできない時期があり、
悔しい思いもしていました!

私は、学生にそんな思いをしてほしくない為、
怪我をしない、ケガのリスクを減らせるカラダ作りを
していく必要性が充分にあると考えています。

そのため、「コンディショニング塾」という形で
サポートをおこなっています。










怪我する前に予防をしていかないと、大事な時に怪我します。

以前見つけた記事です。①クリック

いろんな方法があります。私は、そのひとつとして、様々な動きを
取り入れ、身体の使い方を学んでもらう場にしています。


 



クリック②
クリック③
クリック④

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年7月28日 土曜日

熊本市・光の森・スポーツ傷害・外傷・肉離れ

肉離れからの早期回復・早期復帰!!!

肉離れの治癒促進のための一つとして
物理療法機器の「ラジオ波温熱機器」を
取り入れています。

肉離れにはⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に、分類されます。

Ⅰ度:筋線維の断裂は認められない。
   自動あるいは他動運動の際に不快感や違和感
   疼痛がある

Ⅱ度:部分断裂損傷、完全には断裂していないもの。
   圧痛・腫脹・内出血を生じることがある。
   疼痛のため収縮困難

Ⅲ度:完全に断裂しているもの。筋腹間に陥凹、強い圧痛
   筋の収縮が見られない。24時間前後に皮下出血斑が
   みられることがある。



万が一、怪我した際は、「痛みを我慢して練習をしたり」
「練習を休めないから」などで、プレーをしていると
悪化したり、別の部位を怪我する恐れや取り返しの使い事に
なりかえません。

積極的な治療をおこなうことが、早期回復・早期復帰に
つながります。
復帰までには、計画を立てしっかり行なわないと、再発
する恐れがあるので焦らず進めていく必要があります。

キャロット整骨院では、万が一、このようなケガをした際は
治療~リハビリテーション~トレーニング~コンディショニングと
サポートしていきます。

怪我をしてしまうと、楽しくプレーできません。

やはり、予防が重要です。

「コンディショニング」です。

コンディショニングは、スポーツをしている人だけではありません
一般の方にも言えることです。

コンディショニング・怪我予防の重要性をもっと
多くの方々に伝わるように、日々勉強し、日々発信していきます。


投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年7月27日 金曜日

熊本・光の森・コンディショニング

カッピングコンディショニングコース

キャロット整骨院で使用しているカップは
従来のガラス製やプラスティック製の吸い玉ではなく、
シリコン製のカップです。




カップは異なるサイズが4つあり、
部位、体格によって使い分けています。

カッピングに効果
1、血液循環の改善
2、筋・筋膜のリリース
3、トリガーポイントのリリース
4、リンパの流れ改善
5、痛み改善の促進
etc

カッピングコンディショニングは、保険の診療とは
ことなります。








機能改善、アスリートのコンディショニング、
運動部のコンディショニングとして、使っていますが、
まだまだ、身体に対する意識が低いのかなと思う所
多く見受けられます。

もっともっと、身体に対する意識を高めて、積極手に
コンディショニングをおこなってほしいなと思います。

怪我してから、利用するのではなく、ケガする前に
利用していくと、ケガのリスクを軽減することが
できるのでないかと思います。


ご相談ください。



投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年7月26日 木曜日

セミナー開催のお知らせ

今回、「スポーツにおける脳しんとう」のセミナーを
開催いたします。

近年注目されているトピックの一つ「脳しんとう」!!!

ジュニアから大人まで起こりうる、ケガではないでしょうか?

コンタクトスポーツ(ラグビー、サッカー、柔道など)
では特に注意が必要です。
その他のスポーツでも、起こる可能性はあります。
日常生活でも、「転倒し頭を強打」なども考えられます。

脳しんとうを軽視してしまうと、取り返しのつかない
ことになる可能性があります。

講師の中本先生は、カナダの大学にて、カナダ公認の
フィジオセラピスト(理学療法士)取得後、脳しんとうの
発生率が高いアイスホッケーに携わり、脳しんとうにおける
評価、復帰までのリハビリ等の経験をお持ちです。

私が中本さんと、脳しんとうについて話していた際
「これは、いろんな指導者に聞いて頂けるときっと
脳しんとうから選手や学生を守ることができる」と
想い、今回熊本でセミナーを開催させて頂くことに
なりました。





フェイスブックページもご確認ください。

・日時
9月16日(日曜日)
午前9:00~11:30 午後12:30~16:00
受付時間 8:45分~ 休憩1時間
参加費:一般(午前のみ)2,000円
   医療従事者・アスレティックトレーナー(1日)10,000円
   ※一般の方の午後の受講も可能

・会場
光の森町民センターキャロッピア
菊池郡菊陽町光の森2-1-1
※会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

定員:60名
対象者:アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー
医療従事者、学生、運動指導者、学校教諭、学生の保護者

申込方法
メールでお申込み下さい。
carrotseikotsuin@gmail.com
担当:松本憲亮
090-8355-1092
096-337-2520

①件名:脳しんとうセミナー申し込み
②午前のみ or 1日
③名前(ふりがな)
④所属先(職種)
⑤連絡先:メールアドレス、電話番号
⑥領収書の有無
※メール送信後、1週間経っても連絡がない場合は再度ご連絡ください。

受講料お支払方法
午前のみ参加の方・・・当日受付にてお支払いください。
一日参加の方・・・銀行振込にてお支払いください。

お振込先銀行:熊本銀行 菊陽支店 (キクヨウ支店)
店番:132
口座番号:普通 3004960
口座名:マツモト ケンスケ

※お振込みが確認でき次第、受講枠を確保いたします。
※お振込みを持ちましてご予約完了とさせていただきます。
※お振込み手数料はご負担して頂きます。

キャンセルポリシー
8月18日まで 全額返金
8月9日以降  返金不可
※返金に際は、振込額を差し引いた額になります。

持参する物
筆記具、午前のみ参加の方は受講料


よろしくお願いいたします。

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL