コンディショニング

2018年12月14日 金曜日

小学生・中学生の怪我・Jrコンディショニング

成長時期の怪我で、相談を受けることが
非常に多いです。
 
スポーツをしている学生に多く発生しています。

「膝の痛み」「かかとの痛み」「腰の痛み」など
よく聞きます。

「病院で、診てもらったら、成長痛と言われました。」
「骨に異状ないから練習を休んで様子を見てください。」
など、聞きます。

「リハビリや治療は、しましたか。?」と聞くと
「特に湿布だけで何もしていません。」

整形外科やクリニックで等で、ドクターの見立ては
違うので、何とも言えません。

成長時期の怪我での治療も重要ですが、
「ケガしないカラダをつくる。」
「ケガの原因を探す。」
「練習量は適切か?」
「カラダはうまく使えているか?」

など、カラダの状態をチェックする
必要があるのではないかと思います。

あと、保護者の方も子供の怪我について
知っておく事も重要かと思います。

この成長期は、重要なので、
・適切な処置
・適切な動き
・適切なコンディショニング
等を当院では、ご指導していきます。



Instagram
youtube





投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年12月11日 火曜日

ケトルベルトレーニング・TACFIT道場



ケトルベルとは?

ケトルベル(Kettlebell)トレーニングは、旧ソ連からアメリカに
伝わり、1998年後からアメリカをはじめ、各国へ伝わっています。

ケトルベル認定コースも2000年ごろから始まり、現在では、日本でも
一昨年前からスタートしています。

私も認定コースを受講しています。

熊本で唯一、ロシアンケトルベルインストラクターとして
指導しています。

欧米では、ケトルベルでのトレーニングをおこなう人口が
多く、「健康」「パフォーマンスアップ」「リハビリ」等の
道具として、使っています。

動画では、沢山のトレーニング方法が紹介されていますが
見様見真似でおこなうと、ケガや非効率なトレ―ニングとなり
効果が出にくくなります。

正しくおこなう事で、最大限の効果を得ることができます。




ケトルベルトレーニング効果

・筋力向上
・持久力・心肺機能向上
・脂肪燃焼
・モビリティー
・全身トレーニング
・身体機能向上
etc

RKC(Russian Kettlebell Certication)インストラクター
として、ケトルベルを使い、カラダの機能改善
・コンディショニング・治療の一環として、カラダを
整えていきます。

カラダをしっかり動かし、疲れにくいカラダ・
ケガしないカラダ・動けるカラダを作りませんか!

体験されてい方は、ご相談ください。
お問合せ:096-337-2520

Instagram
youtube

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年10月26日 金曜日

マラソン大迫選手!

先日、マラソンランナーの大迫選手が日本新記録!

海外でトレーニングをしている大迫選手の
支えの一つの、コンディショニングによる
物理療法機器!

酒井メディカル」さんが、物理療法機器は
全面サポートされています!

キャロット整骨院でも、酒井メディカルさんの
ラジオ波温熱機器を導入し、約3年経ちます。


アスリートはもちろん一般の方がもご利用して
いただいています。

①コンディショニング
②筋肉の張り緩和
③痛み軽減
④ウォームアップ

⑤エステ

等に効果的です。


投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年10月26日 金曜日

お知らせ

休診のお知らせ

金曜日午後から月曜日まで研修の為、休診致します。

ご理解の程よろしくお願いいたします。




正しくスクワットできますか?




熊本・光の森パーソナルトレーナー
熊本・光の森骨盤体操
熊本・光の森産後エクササイズ
熊本・光の森スポーツトレーナー
熊本・光の森代謝アップエクササイズ

熊本・光の森サーキットトレーニング
熊本・光の森タクティカルトレーニングTAFIT

Instagram@kensuke.tacfit

#tacfit
#flowfit
#kettlebelltraining
#キャロット整骨院

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2018年10月 9日 火曜日

菊陽・整骨院・テニス肘・ゴルフ肘



テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は、テニスをしている方に
多いケガの一つです。

症状:雑巾をしぼる・ペットボトルのふたを開ける・
   荷物を持つなどで、特に痛みがでます。
   テニスでは、バックで打つ際に痛みを伴います。

高校生で、肘の外側の痛み。
テニスをしていて、バックで打つ際に痛みがでる。
肘の外側の圧痛・前腕回外動作時の痛みあり。

治療内容
初回ラジオ波温熱で筋・筋膜リリース

2回目以降は、ラジオ波温熱とカッピングを併用し
おこなう事にしました。

練習を続けると、治りが遅くなる為、治療に専念
指定もらうように指示をだした。

週に2~3回の治療を2週間

痛みは軽減し、抵抗時の痛みも改善

プレーする際は、キネシオテーピングを貼り
おこなっている。

コンディショニングを継続しておこなうように
している。

学生は、練習量も多く、なかなか休んで身体の事に
気を使わない学生が多いため、しっかり指示をだし、
重要性を伝えていかなければならなと思う。

怪我の予防にもつながるし、パフォーマンスアップにも
つながる。

痛みや身体の違和感がある際は、身体の事を考える事が
重要です。
お困りの際は、ご連絡ください。



投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL