院長・スタッフブログ

2019年1月31日 木曜日

お知らせ

2月のお知らせ

医療従事者目線から治療およびコンディショニングまで
サポートしている一風変わった整骨院です!









お身体の事でお悩みの際は、ご相談ください。
全力だサポートいたします。

Instagram
youtube

RKCケトルベル
TACFIT

グループエクササイズ

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2019年1月29日 火曜日

ロコモティブシンドローム予防・対策

こんにちは。

医療従事者目線から治療およびコンディショニングまで
サポートしている一風変わった整骨院です!

よく「ロコモ」という、文字を見たり聞いたりします。

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)のことです。

筋肉や関節、骨などの運動器の衰えが原因で、「立つ」「歩く」
といった機能が低下している状態のこと。と言われています。
(ロコモチャレンジ推進協議会より)



来院されていた方から脛骨の骨折後の「リハビリを兼ねて、歩行できるようになにか
できますか?」とお話を頂いたのがきっかけで、シニアの方向けの
運動指導もおこなうようになりました。

約4年ほど前から週1~2回、継続的に運動をおこなっています!

筋力低下やバランス能力低下などがありましたが、継続して運動を
おこなうと回復できると、私は考えていたので、継続するを話して
おこないました。
ご本人様も、かなりポジティブな方なので、歩くというよりも
駆け足ができるくらい回復もし、今ではほとんど支障なく
生活を送られています!

70歳の方ですが、非常にバイタリティーあふれる
スーパーおばあちゃん的なかたです(笑)

継続して身体を動かすことは、今以上のカラダになると
私自身感じました。

ロコモティブシンドロームを予防にもつながるエクササイズも
当院では、サポートしています。

自分でカラダを動かし、日常生活にはない動きを取り入れる事が、
「歩行」「しゃがむ」「床から立ち上がる」「腕を上げる」などの
機能を取り戻すことができるのではないかと思います。

御家族や周りの方でお困りの際は、ご相談ください!


Instagram
youtube


投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2019年1月28日 月曜日

先日の熊日新聞記事

こんにいは。

医療従事者目線から治療およびコンディショニングまで
サポートしている一風変わった整骨院です。

先日、熊日新聞の記事に
『いつまでも「かっこよく」いられる体作りを』という
見出しをみつけました。

熊本で、作家の「吉本由美氏」が講演されたそうです。


年齢と共に身体の柔軟性や体力が自然と無くなってくる中
日頃、「ストレッチ」や「ウォーキング」などを積極的に
日常生活に取り入れているそうです。

人間という動物は、カラダ(関節など)の動きが減少してくると
柔軟性の低下、筋力の低下、関節可動域の低下、代謝の低下などが
進みます。

結果として、猫背、50肩、膝痛・腰痛などになる、リスクが増加すると
考えられています。


私は、そのようなリスク予防として、コンディションを整える
ことを、以前から伝えています。

しかし、中々伝わらないのが現状です。

フィットネスライフが、当たり前のように日常に加わることで、
カッコよく年をとることができるのではないかと思います。

歯磨きと同じように、エクササイズ・トレーニングが
当たり前になる時代になるといいなと、日々思っています。


当院でも、シニアの方まで、トレーニングやストレッチの
サポートをしています。

早めの準備を皆さんも、一緒にしませんか?




投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2019年1月26日 土曜日

熊本カッピングコンディショニング

こんにちは。

医療従事者目線から治療およびコンディショニングまで
サポートしている一風変わった整骨院です!



カッピングコンディショニングとは、カッピング治療を歴史が古く
古代エジプト時代からあるとされています。

素材は以前とは異なります。

カッピング法も様々です。

・ガラス製のカッピング



・プラスティック製のカップ


・シリコン製のカップ



当院は、シリコン製のカッピングを使用しています。

カッピングコンディショニングの特徴は、「吸引」です。
組織を引っ張り、血流・リンパの流れ改善や筋肉などの
組織のスムーズな動き等を取り戻します。

その結果
・痛みの改善
・動きの改善
・関節可動域の改善
・回復(リカバリー)
などにつながります。

治療からカラダを整えることまで、幅広く当院では
使用しています。
また、怪我予防・健康促進といった利用もできます。

当院は、カッピングセラピスト指導の基、
安全且つ効果的にご利用いただけます。





熊本筋膜リリース
トリガーポイントリリース
関節モビリティー
カラダコンディション
カッピングマッサージ

Instagram
youtube

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2019年1月25日 金曜日

コンディショニングを考える

こんにちは。

医療従事者目線からの治療およびコンディショニングまで
サポートしている一風変わった整骨院です!


例えば、バレーボールをしている際に、アタックを打とうとジャンプし
着地した際に、他の選手の足の上に乗り足関節を捻挫してしまった。と
します。

痛みが出て、足も腫れています。

みなさんは、どうしますか?

我慢して、練習を続ける?
病院へ行く?
整骨院へ行く?
など、選択肢があるかと思います。

まずは、骨に異状がないのか、靭帯は大丈夫かなど、病院で
検査するかと思います。

実際に、当院へ来院された患者様には、そのような疑いが
あれば、まずは、検査へ整形外科行ってもらい、検査を勧めます。

検査結果異常がなければ、当院で治療し、回復を促進していき
リハビリをおこなっていきます。

その期間は、練習は休み、回復に専念させます。

万が一怪我をしてしまった際は、治療をおこない、回復を促進し
復帰までのリハビリ・エクササイズをすることを、私は伝えています!

なぜ、ケガをしてしまったのか?関節可動域はどうなのか?柔軟性は?
身体の使い方は?など考えて、修正・改善していく必要があるかもしれません。

問題があるのであれば、修正しないと再発のリスクが高くなります!
痛みが無くなれば、全てOKと言う訳ではありません。
このことを保護者の方や本人にも理解をして頂きたいところです。



日頃の練習もいいコンディションで、できないと、質が悪い練習になり
パフォーマンスが上がるとは思いません。

現在、高校生をみていますが、ケガしている学生は、柔軟性の問題、
カラダの使い方が悪いなど、目立ちます!

私ももっと分かりやすく指導できるように心がけ、日々、重要性を
伝えていきたいと考えています。






投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ