院長・スタッフブログ

2019年7月18日 木曜日

熱中症対策をしよう!

こんにちは。

大塚製薬さんからお越しいただき、「水分補給」について

お話をして頂きました!



一般の方、スポーツをしている子ども達が熱中症をおこさない

為に、どのような対策が必要なのか。

そして、安全にスポーツができる環境作りをする必要があります。

そのためにも、保護者の方や指導者の方々が、正しい知識を身に付ける

ことが、成長時期のケガや熱中症・脳しんとうなどの命にかかわるような

傷害から子ども達を守ることができます!

熱中症も「軽度・中度・重度」とあります。

軽度の症状が出ても、熱中症ということになります。

めまいや立ちくらみ等が出る前に、予防をすることが重要です。

水分は、汗や呼吸、排便や尿などとして、カラダの中からナトリウムや

カリウムなどで出ていきます。

その為、水分補給として、「塩分」「糖質」が入った、飲み物が

特にいいようです。

大塚製薬さんがだしている、ポカリスエットなどがおススメです。

日本スポーツ協会が発行している、ガイドラインでは、熱中症対策として

塩分濃度は、0.1~0.2%。

ナトリウムに換算すると、100ml中、40~80㎎とされています。

ポカリスエットは、100mlあたり、49mgのナトリウムが入っています。

もちろん、糖質もガイドラインに沿って、入っています。

毎日飲むのではなく、スポーツの際中や時々飲むといいのではないでしょうか。

読みすぎは、よくありませんのでご注意ください。

この時期は、こまめな水分補給を心掛けてください。


体育館や炎天下の中での、練習時は特に注意が必要になります。


なんでもバランスよくおこなえるといいのかもしれませんね。


投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2019年7月10日 水曜日

美しく健康的なカラダでいたい!

こんにちは。

数名のシニアの方も、ストレッチやトレーニングに参加されています。

継続されている方は、約4年通われています!

リハビリから健康維持・ケガ予防として、参加されています。

目的は、一人ひとり違いますが、よく言われていることは

「身体を動かさくなると、動かなくなるから」と言われていますね!

学ぶ事で、効果的な方法を伝えることができるので、誤ったやりかたを

しなくなり、ケガのリスクも軽減できていると思います。




・ロコモティブシンドローム予防(ロコモ症候群)
・生活習慣病予防
・肥満予防
・腰痛予防
・膝痛予防

などの予防が期待できます。

年齢と共に筋力の低下や柔軟性低下、代謝低下などがおこります。

そうなってしまうと、病気や怪我につながる危険性がある為、日頃から

適切にカラダを動かし低下を遅らせることが重要に

なるのではないかと、当院では考え、以前から取り組んでいました。




シニアの方以外にも、ご参加いただけます。

「フィットネスは、歯磨きのようなもだ」

こんな言葉も、以前から使われています!


皆さんは、美しく健康なカラダを
          維持できていますか?



投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2019年7月 9日 火曜日

心地良い生活習慣!

こんにちは。

『長期間運動しない生活習慣や不適切なトレ―ニングが

原因で、ケガや生活習慣病を発症してしまうリスクが

高くなる可能性がある』と考えられます。



運動不足による、体重増加や生活習慣病等につながる可能性も

あり、カラダを動かすことで防ぐことができます。

生活習慣病の一つの、糖尿病の患者数が約328万人で

高血圧993万人というデータが出ています。(生活習慣病協会より)

このような病気等から身体を守る為にも、「正しく身体を動かし

健康的でケガのない身体作り」を勧めています。

現在、医療費も増加し、財政を圧迫しています。

身体を正しく動かすことは、健康維持、病気のリスク軽減

ケガの予防等につながる事は、言うまでもありません。

そのため、年齢関係なく健康の為にカラダを動かす方々が

増えています。



一人でも多くの方々に、カラダを動かし『心地良い

生活習慣』を手に入れてほしいと考えています。

当院で、おこなっている、トレーニングやストレッチ等に

参加したい方は、ご連絡ください。

全力でサポートしていきます!







投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2019年7月 8日 月曜日

怪我・健康対策に目を向けよう!

こんにちは。

ケガ予防・体の痛み、健康対策について、どのようにすれば

伝わるのか考えています!

対策として何をすればいいのか、わからない方ややっているけど

正しいのか分からないなどの話も聞きます。

対策としては、沢山ありますし、何が一番いいと言う訳ではないと

思います。

自分にあって、継続できることをおこなう事が大切です。

ヨガ、ピラティス、ストレッチ、トレーニング、スポーツなど

いろいろですね。

当院でも、トレーニング方法や身体の使い方(コントロール)を中心に

土台作りを指導しています。



健康対策等をされている方でも、土台がしっかりできていない為

ケガや誤った動作を身に付けていらっしゃる方もいらっしゃいます!

その為、痛めてしまっている事があります。

当院では、ケガ後の治療から復帰までのサポートをおこない

その後のパフォーマンスアップトレーニング、再発予防まで

トータルサポートさせて頂きます。

熊本初となるケトルベルインストラクター(ドラゴンドア社のRKC

として、ケトルベルを使ったリハビリからトレーニングまで

しどうしています。

その他、一人ひとりの目的に応じたトレーニングをパーソナルトレーニングで

おこなっています。

「ケトルベル」については、こちらをクリック⇦

日本でも広がりつつあります。

欧米はもちろん、お隣の韓国・台湾などでも、盛んに認定コースが開催

されています。

正しくカラダを使ったり、ケガをしない身体を作るには、ケトルベルは

効果的なトレ―ニングだと思います。





投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2019年7月 3日 水曜日

光の森・腰痛・体幹トレーニング

こんにちは。

ウェブサイトに、こんな記事がありました。

体幹筋量が減ると「腰痛」を悪化せる。という記事でした。


リンクを貼っておきます⇨クリック


あらゆるところで、人間のカラダについて、研究がおこなわれています。

私達も、研究をしていらっしゃる方々のお陰で、正しい情報、エビデンスを基に、
トレーニングや治療をおこなっています。

施術を行う私達は、実際の現場でどのような方法で
カラダの機能を向上させているのかなど、
最新の情報を学ぶ必要があると思っています。

セミナー等に参加すると、それらが非常に速いスピードで進んでいることを実感します。


そんな情報収集も必要で、得た情報を患者様に提供し、カラダの機能を

向上させ、皆様の生活の質(QOL)、スポーツパフォーマンスアップに

つなげていける場所を目指してやっています。

「腰痛」といっても、「腰の筋肉が硬い」「柔軟性がない」だけではなく

「筋力の低下」「カラダの誤った動かし方」などが根本的な原因であるならば

マッサージや湿布などでは、一時しのぎの可能性があるかもしれません。

筋肉の動かし方を一人ひとりが理解し、快適で楽しい生活を送れる社会に

できればいいなと思います。


投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ