スポーツ障害

2019年3月 6日 水曜日

足関節捻挫(足首)治療

こんにちは。

スポーツ傷害で、多い足関節捻挫。

サッカー、バスケットボール、ハンドボール、
野球、バドミントンなどのスポーツにおいて、起こりうる
可能性があります。

当院では、受傷後の治療から競技復帰、そして、その後の
コンディショニングまで、おこないます。

ケガ後のほとんどの方が、痛みが無くなれば、治療・コンディショニングを
止められます!

痛みがなくなれば、治ったわけではありません!

関節の可動域は、十分にあるのか?
多方向からの荷重じは、痛みはないか?
筋力は働いているのか?
根本的な原因は改善しているか?
など

様々な評価をする必要があります!

それらをクリアして、競技復帰に至ります!

クリアできていないまま、復帰してしまうと、再発したり
思うように動けなかったりします!

当院は、リハビリのの一つとして、バランスボールを
使うことがあります。

バランスボールを使う利点として、不安定な環境を
作り出すことができることです!

単純にボールに乗って、バランスをとる事をする訳では
ありません。

イメージとしては、乗るだけに使うと思われている
方も多くないのではないでしょうか!

ケガする環境としては、おそらく、「予期せぬ接触があったり」
「段差に躓いたり」「バランスを崩してしまったり」などが
あるのでないかと思います。

そのような事に、ならないような身体の機能を向上させる為の
一つの方法です!

普段歩いていても、実際は、沢山の機能が連鎖しあっています。

そのような機能を、向上させる為にも、バランスボールを
使った、リハビリやエクササイズをおこないます!


料金についても、よくご相談を受けます。

保険診療ができる範囲と、出来ない範囲があります。



治療は、保険診療

ラジオ波温熱治療・カッピング治療は、保険外診療
リハビリ・トレーニングは、保険外
コンディショニングは、保険外


ご相談ください。


特に学生には、痛みを我慢して競技をするのではなく
しっかりと治療を行い、競技に復帰し、最高の
パフォーマンスができ、その後も痛みなくプレーできる
ようなカラダ作りを目指しませんか!


Instagram
youtube

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL