スポーツ外傷・傷害

2021年7月30日 金曜日

シンスプリントも治療いたします!



陸上及び走ることが多いスポーツをしている学生に多い足の怪我!

シンスプリントは、脛骨(脛の骨)の後面の後脛骨筋が刺激され炎症を起こしてしまい、痛みを発生させます。

この痛みを我慢して、練習を続けていると疲労骨折につながるケースがあります。

まず、痛みを感じたら当院または、整形外科等を受診しましょう。

当院でも、シンスプリントの治療およびリハビリもおこないます。

早期回復を目指して、手技及び物理療法で積極的に施術をしていきます。

また、自宅でもアイシングをしていきます。

そうすることで、回復を早めていきます。

何もしなければ、それなりに時間もかかり復帰後も再発してしまう事もありますので、再発予防の為にも日頃からのボディケアをおススメします。

当院では、医療保険適用外のコースを充実させています。
     ↓  ↓  ↓
http://www.carrot-seikotsu.com/blog/2021/07/post-675-1506837.html


【関連コンテンツ】
リンクツリー
↓ ↓ ↓ ↓
https://linktr.ee/ken39

公式LINEアカウント
↓ ↓ ↓ ↓
友だち追加  

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL

2021年7月 5日 月曜日

オーバーワークで障害が起こる!

スポーツ傷害で、オーバーワークによる、筋・腱の損傷、成長痛、疲労骨折等があります。

オーバーワークは、使い過ぎによって生じてしまいます。

繰り返し繰り返し、同じところにストレスが加わることです。

原因には、内因性のもの、外因性のものがあると言われています。

内因性には、アライメントの異常、筋力バランスなど

外因性には、トレーニングの不良、テクニックの不良
用具の不良、地面環境の不良など

このようなことが上げられています。

特にスポーツをしている、中学生高校生また小学生にも頻繁にみられます。

小学生でも、週5日以上競技練習をしている子ども達もいます。

中・高生の中には、普段からのカラダのケアの不足を感じます。

出来ている学生と出来ていない学生では、していない学生の方が

大きなけがにつながるケースを多いです。

近年は、情報も沢山あり、様々なトレーニング方法を

探すことができ、見様見真似でやってしまい、いいトレーニングでも

効果が出なかったり、逆にケガに繋がったりというケースもあります。

このようなことがオーバーワークにつながっていることもあります。

日頃からの継続的なケア、休養が重要だと考えています。

特に、成長期には十分な休養が必要です。

痛みやカラダの異変を感じたら、休むことです。

親御さんには、子どものカラダの異変を感じたら

声をかけ、先ずは受診して状態を確認してあげてください。


休むことは決して悪い事ではありません。

お子様のスポーツ障害等でお悩みの際は、お気軽にご相談ください。


【関連コンテンツ】
リンクツリー
↓ ↓ ↓ ↓
https://linktr.ee/ken39


ラジオ波温熱コンディショニングセラピー
筋・腱損傷の際に回復を早める為にしようします。
また、日頃のカラダケアに。
↓ ↓ ↓ ↓
https://youtu.be/fpzbiDARJNA



熊本市北区 菊陽町 光の森 肉離れ 筋損傷 筋膜 早く治したい モモの裏 プチっと音がした 肉離れ 伸ばすと痛い 内出血 ハムストリング 

投稿者 キャロット整骨院 | 記事URL